南国のビーチFiji

コバルトブルーの美しい海に行こう!

赤道を挟んで日本と反対側にある島国Fiji。美しい自然に囲まれ、多くの観光客で賑わいます。中でも彼らの目当ては、透き通った海。砂浜に立つと、遠くの地平線までコバルトブルーが続くのが見えます。クルーザーに乗って近くの島々へ出掛ける事もでき、そこで様々なマリンスポーツを楽しむ人も多いです。日本とは季節が逆で、7~9月は暖かく12~2はかなり気温が上がります。カラッと晴れる日が多く、紫外線も日本より強いです。フィジー人とインド人が生活しており、彼らはそれぞれの母国語と公用語の英語を話します。人柄はおおらかでのんびりした人が多く、幸せ指数が高い国として知られています。但しFijiでの常識「ケレケレ」という行動に気を付けましょう。彼らは物を貸し借りするのを当然とし、人の物でも構わず使ってしまう文化があります。

発展途上国なFiji

人気の観光地と言えどFijiは発展途上国です。道路の整備は甘く、建物や機関の設備は不十分な所があります。飲食店や商品の品質は日本と比べれば劣ったものとなります。しかしその反面、自然のままを大切にするので野菜や果物が美味しく頂けます。また、電気をあまり使わないので星空がとても美しいです。Fijiで手に入る日本製のものや観光客が使用するものの値段は高いですが、普段生活する分には物価は高くありません。バス代も百円前後と安く、お手頃な値段です。移動手段は主にバスや車となっています。海に囲まれ、森や川と隣り合わせにFijiの人々は生活しています。日本とは違う時の流れを実感し、ここにしかない様々な発見を体験して下さい。

タビマスターズ

福井県の観光旅行のすすめ

自然がたくさん心安らぐ福井県

福井県といったら特に思い浮かぶものがないと思いますが、福井県は観光名所がたくさんあります。有名どころでいえば東尋坊、芦原温泉、永平寺、水晶浜などと自然と密着した観光名所がたくさんあります。福井を旅するのであれば、まずは嶺北地方からせめるのがコツです。東尋坊や水晶浜は海沿いにあり、その名所を堪能したあと芦原温泉で泊って優雅なひとときを過ごすことが福井旅行の醍醐味です。芦原温泉もたくさんの温泉があり一つの宿に何泊かするも良し、または何件かはしごして泊まるのも良し、湯めぐりをするのも良し、時間さえ多く見ておけば福井県は楽しむところがたくさんあります。永平寺は少し遠いですが交通の面から問題なく芦原温泉からでも行くことができます。

食べ物が美味しい福井県

福井県は豊かな自然の恵みで美味しい食べ物がたくさんあります。福井発祥のコシヒカリはもちろんのこと、芦原温泉にある温泉まんじゅう、福井県のソウルフードであるソースカツ丼、美味しいおコメから取れる地酒など様々な食文化を楽しむことができます。特に福井県のソウルフードであるソースカツ丼は有名な店が何店舗も展開されているため、何店舗も巡って味比べをするのもオススメです。また、お土産として地酒を持ち帰る観光客がとても多いです。地酒は他の県民や他の国の方々からかなり高評価をいただけるほど美味しいので、ぜひ福井に来た際は買って帰ることをおすすめします。都会と違って食べ物が美味しい割にとても安価なため、時間さえ確保できるのであれば何日でも楽しめるというのが福井県です。

タビマスターズ

海外旅行に持って行くと便利なもの

ウエットティッシュの重要性

海外旅行に行く際、最も役立つと感じるのがウエットティッシュです。日本のレストランでは、食事の前におしぼりが出てくるのは、当たり前のようになっているが、海外に行った際は、日本のように素晴らしいおもてなしを毎回受けられるとは考えにくいです。そこで役に立つのがウェットティッシュです。海外旅行に行った際、様々な観光名所に立ち寄った後、汚れた手を拭くこともできるし、もちろん、食事の前に手を拭くこともできます。また海外では、トイレは有料となっている場所が多く、日本のように手を洗いにトイレに行くことも難しい為、ウェットティッシュの重要性はかなり高いです。またそれとは別に、発展途上国に旅行に行った際は、レストランで出された食器が汚れているなんてことは日常茶飯事です。その際もウェットティッシュがあれば、さっと拭くことができ、食中毒の確率も少しは減らすことができます。

虫除けスプレーは携帯すべきである

海外旅行に行く際に、忘れがちなのが虫除けスプレーや、虫に刺された場合の薬です。気温が低く、虫がでない地域に旅行に行くのなら問題はないですが、暑かったりする地域に行く際は、虫除けスプレーは絶対に持って行くべきです。もちろん観光の最中に、役に立つのは勿論のことですが、海外のホテルは、部屋の中に虫が出ることも多いです。また布団にダニが生息していることもなくはないのです。そんな、もしもの時のために、虫除けスプレーは携帯しておいて損はないのです。また、海外で虫に刺された場合、自分の体質に合った薬を慣れない言語で購入することは非常に難しいと思います。なので、日本から虫さされの薬を持っていくことは、いざというときの安心にもつながります。

タビマスターズ

海外旅行中にも使える携帯電話の準備

日本で使っている携帯電話を海外旅行先でも利用可能にする方法

海外旅行中に持参すると便利なのが、携帯電話です。電話があると、海外の旅行先からでも気軽に日本の家族や友人と連絡が取れます。ただし、日本で使っている携帯電話が、そのまま渡航先に持参して海外でも使えるとは限りません。使用している携帯電話によっては、特別な申し込みを必要とします。契約している携帯電話会社にあらかじめ申請すると海外での通話が可能になります。ただし海外での旅行中の携帯電話利用では、電話料金に注意が必要です。通話や通信が日本で利用するケースよりも高くなる傾向が強く、長時間通話していたり大量のデータ通信を行うと請求額が高くつきかねません。海外旅行前に、携帯電話の料金体系は事前にチェックするのが無難です。

レンタルの携帯電話だと海外旅行中の利用が安心

海外旅行先では何が起こるかわからないため、日本で使用している携帯電話を持参するのは不安もあります。そこで海外旅行中には、携帯電話をレンタルで借りる方法もあります。旅行期間中にだけ借りることができるレンタル携帯電話サービスであれば、万が一携帯電話を紛失してしまった場合に、個人情報が流出するなどの心配がありません。レンタルの携帯電話を旅行先で使用するには、レンタル料金に加えて通話料や通信料が加算されます。旅行先の国によっても料金が異なるため注意したい点です。また携帯電話のレンタル契約を結ぶため、パスポートやクレジットカードの提示が必要な場合も多く、契約前にはこれらをあらかじめ用意する必要があります。

タビマスターズ

旅をするなら事前に調べてからがベスト

土地勘がないからこそ!

旅行に行くのであれば、今まで行ってみたかった所や未知の所など行きたいところの候補は様々あると思います。でも、いざその場所へ行ったとしても道が分からなかったり、名店やその土地特有の物、おみやげを買おうとしてもそこの特産品などが分からないなんてこともありえます。そもそも何しにそこへ行ったのかと後で言われないためにも下調べは出来るだけ細かに行ったほうが良いものです。インターネットが普及している現代ならばその土地の特産品、観光地までの道のりや料金、そこまでの行き方や営業時間などを家に居ながらでも調べることが出来ます。勿論口コミでの評判も合わせて参照することでより具体的な参考になりますし、穴場を見つけられるかも知れません。

旅費も視野に入れてみよう

旅行プランを組んだとしても予算をオーバーした旅行は無謀な旅になってしまいます。折角行きたいところがあったとしても予算が不足していては無理です。具体的な数字をしっかりとはじき出しておかなければ旅行も満足のいかないものになってしまいます。特に気を配らないければならないのは旅費です。目的地へ辿りつけないようではそもそものプランに無理があったことになります。例えば、新幹線を利用した日帰りの旅行が可能となった今ならば新幹線の割引を受けるといった方法があります。往復をするのであれば通常の料金よりも安く乗車することが出来る切符や、特定の日のみ定額乗り放題の旅券が発行されているなどお得なものが存在します。そうした情報を得ておくことも必要なのです。

タビマスターズ