アウトドア旅行中に役立つ救急用品

怪我をした時の応急処置に使えるグッズ

アウトドア旅行では、ちょっとした怪我や病気になる事もあります。そのような場合に備えて、旅行前に救急キットを用意すると安心です。山中では応急グッズを簡単に調達できないため、忘れずに持ち運ぶようにします。怪我に対する備えのためには絆創膏やガーゼ、包帯が揃っていると、万が一の応急処置に使えます。簡単な切り傷や擦り傷などは、これらの救急用治療具で十分に対応可能です。また傷口が化膿すると問題があるため、患部の殺菌ができる消毒液があると応急処置に有効です。またアウトドアの旅行中には、虫刺されにも十分に注意が必要です。蚊や毛虫に刺されると痒みが襲ってくることから、かゆみ止めを持参するといざという時に役立ちます。

旅行中の急病にも安心の薬の用意

旅行中には急に発熱するなど体調を崩す場合があり、薬の備えが不可欠です。応急目的であれば、薬局で手に入るような、普段から使い慣れている薬でも十分に用が足ります。頭痛薬や痛み止め、あるいは咳止め薬などを救急用品の中に加えておくと、もし旅行中に病気にかかっても応急処置が可能です。ただし旅行に持参する薬は、消費期限の事前チェックが必要です。場合によっては、予備に保管していた薬の消費期限がすでに切れていたという可能性があります。また薬が水に濡れてしまうと服用には適さないため、防水効果のあるビニール袋などに保管すると安心です。さらに高温になる場所での保管は避け、薬効成分を変質させないための配慮は必要です。

旅行